クライアントは工夫は興味がなく結果が良ければ全て良し

ウェブサイト制作の仕事を依頼していただける方で、私の場合は、デザインを丸投げされるお客様と出会うことが多いですl。

そして、既存サイトをWordPressで作り直す案件が殆どです。

今は、無料のウェブサービスでホームページを作ることができる時代です。

気軽に始められたお客様がアクセスアップを期待してWordPressに移行されたい様子です。

私も、SEO対策に強いテンプレートを導入して生産性の向上に努めています。

お客様の中には、パソコンやタブレットでの表示の具合よりも、スマートフォンでの表示を気にされる方が見えます。

私もレスポンシブで作っていますが、画面が小さいスマートフォンの画面デザインは大変です。

CSSでメディアクエリを使って指定しないと、他の画面サイズに影響が出てしまうので、下記のサイトを使って画面表示を確認しながら進めています。


デザインは主観なのでクリエイターに間違い探しをさせるよりも、的確にデザインで好みに合わない点、考え方の相違がある点は指摘をしていただいた方が作業が早く進み結果的に生産性の向上につながると思います。

私も、たくさんのお客様とヒヤリングの経験を積んで、望んでいることを的確に聞き出せるように精進を続けます。

そして、お客様の希望を叶えることができるようにCSSのテクニックも習得を続けます。

お客様の立場は、どのプラグインを導入してどういうコードを入力したかは関係ないのです。

見た目がイメージに沿っていて、いち早く検索結果の上位に表示されることを望んでいます。

だから、私がWordPressの記事のタイトルを非表示にしたり、タグが消えないように工夫したり色々と調整していることは気がつかれないのです。

ある意味努力は報われないのかもしれないですが、お客様が思うサイトデザインが完成してお客様に喜んでいただけることを生き甲斐にしていきます。