Counterwalletで発行したトークンに画像を追加する方法

Counterwalletでトークン(ビットコインをベースにしたオリジナル仮想通貨)に、アイコン画像を追加することができます。

また、詳細な説明などを追加することもできます。


下記のhttps://coindaddy.ioにアクセスします。


新規にアカウントを作成したら、この画面が表示されます。

この画面の左下の赤丸で囲んだボタンをクリックしてください。


次に、トークンを発行したCounterwalletのウォレットのアドレスと、後から分かりやすいようにラベルを付けます。



登録ができると、0.005BTC程度の費用の支払いを求められます。

表示されている指定のビットコインのアドレスに送金すると、入力したアドレスが承認されます。


次に、画面左上のMy Assetにアクセスするボタンをクリックします。

登録できたアセット(トークン)が一覧で表示されます。

この中で、Dataの項目のEDITボタンをクリックします。


画面の左側にアイコン画像をセットできる項目があります。

このボタンをクリックして、アップロードしたい画像を 選択してください。


これで、ブロックチェーンの表示で、トークンの情報が参照される際に、アイコンが画像が表示されます。

また、coindaddy.ioでは、登録したアセットを$5でアップグレードすると、詳細な説明文やウェブサイト、トークンのカテゴリーなどをトークンの拡張情報のJSONコードに登録できます。

また、毎月費用は必要ですが、登録したアセットをアップグレードすると、自動販売できるようになります。


私は、カウンターパーティーとは別のプラットフォームのCoinprismで、債権のカテゴリーで、オリジナルトークンを作り、Coinprismでクラウドセールしています。

Crane Dream Japanese COINというオリジナルトークンです。

こちらのアドレスに、ビットコインを送金すると、このCrane Dream Japanese COINというオリジナルトークンを購入できます。

1CDJ=0.5BTCの予定です。

1NifSNciXZx4en4xpqhnDWBbog4KxU3Gsj 

coindaddy.ioに今回Coinprismで作成したアセットを登録しようとしたら、ウォレットのアドレスの認証まで進みました。

確認用の僅かなビットコインを支払うことができたら、登録できると思いました。

coindaddy.ioでは、トークン(アセット)の自動販売ができますので、活用されることをお勧めします。