ご当地仮想通貨を作りませんか?

bitcoin2.0が始まってから、オリジナル仮想通貨を作る動きが日本でも、始まっています。

一部のブロガーでは、読者との交流のツールとして、ポイントカードのポイント的なノリで、仮想通貨を作る方も見えます。

アセットタイプの仮想通貨であれば、容易に発行することができます。


株式のように、資本を集めるツールとして世界では、使われています。

クラウドファンディングのような意味で、クラドセールとしてオリジナル仮想通貨を活用されている方は、世界にたくさんいます。

日本でも、こうした動きが広まると思います。

今は、まだ、決められたプラットフォームやアプリの間でしか交換できないです。

でも、アセットの仮想通貨の流通量を見るサイトでは、様々な仮想通貨が流通していることが分かります。

私も、昨年、この動きを知っていたら、こんなに毎日命がけの日々を過ごすことは、なかったと思います。

ネタコインという分野があるので、きっとコレクターが増えると思うのです。


だから、都道府県や市区町村単位や団体などグループで仮想通貨を作ると知名度アップにつながると思います。

特別なインフラやシステムが不要で、トークンを交換できるアプリがあれば良いです。

興味ある方は、ぜひ、私に問い合わせてください。