中古パソコンを買うときの注意点

とても古い時代の中古パソコンを安いからと言って買うと、後から後悔することになります。

その体験を書きます。

私が数年前に支援を受けて頂いたパソコンの話です。

これまで、思うように活用しなかったのは、ウェブページの表示が極端に遅かったからです。

また、開発したいと思っても、スペックが低過ぎてインストール出来ないこともありました。

でも、先日Windows10のアップグレードを行なったことで、気持ちウェブページの表示が早くなったと思ったので、活用し始めました。

でも、今日、問題点に気がつきました。

画面の解像度がXGAなので、最大で1024×768までしか表示できません。

そのため、今のWXGAやWUXGAを対象に作られたウェブページを表示すると、ページの横がはみ出してしまい、横のスクロールバーも表示されないためページ全体を表示することができないケースがあることに気がつきました。


そのため、こちらで私が書いた記事のように、Chromeなどのブラウザのズーム機能を使って縮小して表示することで、ページ全体を表示するように工夫しました。


また、CPUの速さも格段に違います。


今は、中古のノートパソコンでレンタル落ちと思われるもので、CPUがi5でも15000円

前後で購入できる時代です。

中古でパソコンを購入するときは、CPUのスペックと画面解像度には、特に気をつけた方が良いです。