お金持ちの必須アイテム

お金持ちに目指す人に、必要なアイテムを紹介します。

ビットコインやイーサリアム、NEM、リップルといった仮想通貨(世界的には暗号通貨)の知識を持っていた方が良いです。

ビットコイン(Bitcoin)に代表される仮想通貨・暗号通貨と呼ばれるものは、コンピュータで作られた新しい通貨です。

日本でも、仮想通貨規制法と言われる一連の関連法案が成立施行されています。

日本円やアメリカドルのように法定通貨ではないですが、ブロックチェーンという技術で作られたコンピュータとネットワークの中で流通する通貨として仮想通貨が認められています。

仮想通貨は、実際に印刷された紙幣や硬貨は、存在しません。

紙やプラスチックのコインに見立てたBitcoinの価値を記録したQRコードが印刷されたものは、存在します。

でも、銀行やお店などで日本円やドルと同じように使える紙幣や硬貨の形では、存在しません。

コンピュータで作られて、インターネットを通じて流通します。

仮想通貨・暗号通貨が生まれたので、フィンテック革命が出来るのです。

海外との銀行間の送金にも、リップルという暗号通貨が使われるようです。

ビットコインは、投機の対象から日常の支払いに使うものに、変化してきました。

ビックカメラを始め日本でも、20万店を超える店舗で、ビットコインで直接買い物の支払いができるようになります。

またビットコインでチャージできるVISAやマスターカードのクレジットカード会社のロゴが入ったカードもあります。

このカードを使えば、ビットコインを日常の支払いに使うことが出来ます。

ビットコインなどの仮想通貨を使えば、送金するときも、便利です。

安価な送金手数料で、24時間いつでも送金出来ます。

ビットコインは、時々相手に送ったことが通知された後に実際にビットコインが届くまでにとてつもなく時間がかかる事があります。

世界的に増えたビットコインの取引に対応できていない面が、露呈し始めています。

そのため、ビットコインのハードフォーク(分裂)問題があります。

今のビットコインが4つに分裂するような事が、伝えられています。

私は、個人的には、折角いビットコインで決済できるようにインフラ整備が進んでいる最中なので、残念と思ったりしています。

お金持は、資産運用の勧誘で甘い言葉に誘われる事もあると思います。

ビットコインやイーサリアム、リップル、NEMといった仮想通貨に対しての知識を持っていた方が良いです。

大切な資産を守ることにも、つながります。

そして仮想通貨の最新の情報を得るためにも、このページでご紹介しています仮想通貨の取引所にアカウントを作られる事を、お勧めします。

ビットフライヤーは、コンビニからでも入金できます。

FXの画面は、とてもかっこいいです。

音も出ます。

イーサリアムの取引も、できます。

ライトコイン、イーサリアムの購入でしたら、ビットフライヤーも、お勧めです。


コインチェックは、クレジットカードでビットコインを購入する際に、役立ちます。

所定の認証を行えば、クレジットカードで購入したビットコインを直ぐに送付や売買に利用できます。

通常は、クレジットカードでビットコインを購入すると、一定期間利用が制限されます。






Zalfという取引所は、マネーパートナーズのチャージして使う国際プリペイドカードのマネパカードに、ビットコインでチャージする事ができます。

またTwitterアカウントで、チップの受け取りや支払いができます。

ビットコインなどの仮想通貨取引所は、お金持ちの必須アイテムです。

この機会に、リスクの分散のためにも、複数の仮想通貨取引所にアカウントを作られる事を、お勧めします。