Wirexカードはビットコインで生活するなら必須

Wirexカードの情報は、ネットで多数あります。

最新情報を掲載します。

Wirexカードは、VISAのブランドに変更になりました。

そして、ウェブサイト、アプリ共に日本語対応となり、操作が容易になりました。

上記のリンクからリアルの店舗で使えるプラスチックのVISAカードの発行依頼をされると発行手数料が25%割引になります。

パソコンやスマホ、タブレットで、上記のリンクにアクセスしてアカウントを作ることができます。

アカウント登録は、無料です。

アカウントを登録すると、バーチャルのVISAカードを直ぐに使うことができます。


ビットコインをUS$の相場でWirexのカードにチャージすることで利用できます。

また、カードにチャージした金額を数分でビットコインに戻すこともできます。

そのため、間違えてチャージしてしまった場合も、両替手数料必要ですが、ビットコインに戻すことができますので、安心です。


またマスターカードからVISAカードと、発行されるカードのブランドが変更になりましたが、カードの発行元のサイトでも登録されると良いと思います。

MyChoice Prepaid Cardが、発行元です。

もし、セブンイレブンなどにあるセブン銀行のATMでチャージした金額を日本円で引き出しできないときは。発行元のサイトで、自分のアカウントを確認すると良いです。

この中のCard Usage Controlsをクリックします。

この画像の中の一番下の項目が、外国引き出しや外国為替取引の項目のようです。

私は、ATMで引き出しができなかったので、色々と調べていました。

そしたら、この項目が無効になってしました。

有効に設定したので、1000円単位で引き出しができると思います。

もちろん手数料を考慮しないといけないです。

2017年6月20日修正

Wirexカードは、VISAにブランド変更になったことに伴い、1万単位でしか引き出しできなくなりました。

発行元のアカウントは、関係ありません。

15000円といった金額も、引き出しできません。

1万円、2万円といった単位での引き出しになります。

なお、引き出しの手数料は、3.5%です。


でも、コインチェックの高速出金がなくなってしまった今では、深夜や土日といった銀行営業時間外にビットコインの売却益により日本円を使いたいときは、Wirexカードを使って引き出しすると良いです。

普段の買い物でも、もちろん利用できます。

タクシーの料金支払い、電車の切符購入などでも利用できますので、本当に重宝しています。


Wirexカードを発行申請したら、ぜひ、アカウントの認証をして限度額をアップされることを、オススメします。


Wirexのアプリを使うと、簡単に身分証明書の画像のアップロードができます。


Wirexカードの申し込みは、ここからできます。発行に関する費用が25%割引になります。


セブン銀行のATMでカードにチャージしている金額を日本円として引き出す場合は、ATMにカードを挿入したあと、画面の英語を選択してください。

英語の所に(日本語)とあります。

引き出しと残高照会の選択が、できます。

先に進むと口座の選択が出ますが、そこはスキップで飛ばして進んでください。


暗証番号は、アプリやウェブサイトで請求するとメールで届きます。

事前に確認しましょう。


Wirexは、スーパーマーケットやコンビニでの支払いにも利用できるので、食料品の購入もできます。

サビアンというキャッシュバックのサイトでも、登録して利用できます。

サビアンとWirexカードの組み合わせは、キャッシュバックを受けることができるので、お得な使い方ができます。

サビアンについて知りたい人は、ぜひ、私に確認してください。


Wirexカードは、ワーキングプアの人や一生懸命上を目指して生きている人の役に立ちます。


チャンスが広がると思います。


ビットコインを知ることで、貧しさから抜け出して賢く生きることができます。


Wirexカードの申し込みは、ここからできます。発行に関する費用が25%割引になります。