あのデビットカードが日本円対応に

日本でも利用者が増えている英国のビットコインのデビットカード「Wirex」(旧e-coin)が、2017年に日本円に対応するそうです。

スマホのアプリも、日本語対応するそうです。


現在は、ビットコインをアメリカドルで、カードロードつまりチャージして使います。
これを直接日本円なると、更に使いやすくなると思います。

Wirexは、チャージしたアメリカドルを現地通貨として日本円で、セブンイレブンのATMで引き出す事が出来ます。

日本のビットコイン取引所を介さずに深夜でもビットコインを日本円に出来るので、とても便利になります。

パスポートで認証し、住所の確認は英訳した指定の書類で認証できます。

パスポートがなく認証できない場合は、所定の限度額の範囲で使う事が出来ます。

日本のコンビニやスーパーマーケット、タクシーでも普通に使う事が出来ます。

下記のリンクから申し込みをされると、発行手数料が割引になります。

Chromeで自動翻訳機能を使ってアクセスすると、登録も簡単に出来ます。

デビットカードの発行手数料は、ビットコインでの支払いと記憶しています。

登録したら、デビットカード発行手数料相当のビットコインを送付しておく事を、お勧めします。